ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

反抗的な花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
母の領地を訪れたレイヴンスフォード伯爵は、図書館で偶然、盗みを企てる男女の声を聞いた。許せないことだが、なぜか女の声に強く惹かれる。まるで猫が喉を鳴らすような、低く、麗しい声だ。やがて、母の新しい使用人メアリー・マーガレットこそ、その声の持ち主だと確信した。伯爵はロンドンへ戻ることになり、すべてを隠して、メアリー・マーガレットが同行するよう計らう。どうにかして、この機会に本性をあばいてやりたい。だが彼女はなにかにつけ逆らってばかりの、扱いにくい女だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デボン,ジョージーナ
米アリゾナ州のツーソンで暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

華麗なる陰謀 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ヴェリティ・ハーコートは伯母に誘われて、社交シーズン華やかなロンドンへと向かっていた。彼女は恋愛や結婚にまったく興味を持たない風変わりなレディだ。ロンドンへも、新聞記事のねた探しになるかと思い、伯母にしぶしぶ従ってきたようなものだった。その道中、彼女は偶然、敵国フランスの密偵が、近々ある村で秘密の会合を開くことを耳にしてしまう。ヴェリティは無謀にも単身、密会の現場に乗り込んだ。そこで出くわしたのは、なんと密偵ではなく、旅の途中で彼女に強引にキスをしてきた、無礼な御者だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アシュリー,アン
イギリス中部レスターシャーで生まれ育つ。幼い息子たちを寝かしつけるときに役立った物語を作る才能が、歴史ロマンス小説の分野でも開花した。趣味はガーデニングで、自宅の庭を開放することも。現在は夫と二人の息子、二匹の猫とともにイギリス西南部に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

永久なる誓い―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
プライズはスロックトン卿の娘リーリアに求婚するふりをして、ヘンリー王に謀反を企んでいると噂される卿の身辺を探ることにした。美人の誉れ高いリーリアには求婚者があとを絶たないと聞く。その話が本当なら、怪しまれることなく城に入り込めるはずだ。城に到着すると、プライズは門番の女からぞんざいに扱われた。ばかな求婚者の一人だと思われているようだ。だが彼は侮辱を感じるどころか、彼女の青い瞳に心を奪われる。そして、その日の晩餐のとき―驚いたことに、先ほどの門番の女が高座に陣取っていた。彼女はスロックトン卿のもうひとりの娘、レベッカだったのだ。中世の雄々しい騎士を描いて人気のミニシリーズ「戦士に愛を」の最新作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ムーア,マーガレット
中世のイングランドを舞台にした作品で好評を博す。特にハーレクイン・ヒストリカルのミニシリーズ「戦士に愛を」では、多くのファンを魅了し続けている。トロント大学では文学士号を取得。現在、作品数は25を超え、フランス、イタリア、ドイツなど世界中で出版されている。カナダのトロントに、夫とふたりの息子、2匹の猫と暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

孤独な領主―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レディ・ガブリエラはドゲール男爵一行の到着を待っていた。父のフレシェット伯爵はひと月前に亡くなり、彼女には借金だけが残された。城と領地は没収され、きょう明け渡すことになっている。父の死も知らず行方もわからない兄が帰るまで、ガブリエラはなんとしても城に残りたかった。城に到着した男爵に自分と同じ孤独を感じた彼女は、一縷の望みを胸に、その願いを口にした。だが、噂にたがわず冷酷な彼は、情け容赦なくこう言ったのだ。「ここを出ていくか、召使いとして城に残るかだ!」なんですって?でも、わたしには行くあても、お金もない。ガブリエラは悲痛な思いで召使いになる道を選んだ。彼女の美しさが、どれほどの騒動を巻き起こすかも知らず…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ムーア,マーガレット
俳優エロール・フリンに憧れ、「スター・トレック」のミスター・スポックに恋をした少女は、やがて謎めいた魅力的な悪漢をヒーローに仕立てたロマンス小説家になった。カナダのトロントに夫と二人の子供、2匹の猫と住む。読書と裁縫が趣味(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

悪魔の花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
国王から結婚を命じられ、エイズリーは怒りと落胆を感じていた。それも国王の騎士の中から、勝手に夫を選べと強要されたのだ。でも、もしわたしがとんでもない相手を選んだら、無理に結婚しなくてもいいと言われるのでは?そう、“赤い騎士”と呼ばれるモンモランシー男爵なら…。彼は荒れ果てた地で暮らし、決して人前に出ないという。黒魔術を操るとも言われる評判の主なら、国王だってあきらめるはずだ。ところが案に相違して、エイズリーの選択は受け入れられた。翌日には、モンモランシー男爵に嫁ぐことになったのだ!訪れた城は予想以上に汚く、しかも真っ暗だった。夫となる男爵の顔でさえ、よく見えない。暗闇の礼拝堂で結婚式を挙げたとき、エイズリーははっとした。男爵の手のぬくもりも唇の感触も、不快というよりむしろ心地よかった。わたしは悪魔に魅入られてしまったのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
国王から結婚を命じられ、エイズリーは怒りと落胆を感じていた。国王の騎士の中から勝手に夫を選べと強要されたエイズリーは、国王をあきらめさせるために、わざと評判の悪い騎士を選んだのだったが…。〈ソフトカバー〉

淑女と娼婦 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
なぜスザンナの頼みを引き受けてしまったのだろう?ルシール・ケラウェイは後悔することしきりだった。ほんの一、二週間、亡くなった父の家に、姉のふりをして住むくらいなら、何も問題はないと思った。双子の姉妹ゆえ、スザンナとは顔立ちは似ている。それにイングランド東部の村の一軒家なら、訪れる人もいない。けれども、姉はロンドン社交界で名を馳せる高級娼婦!ルシールとは化粧も違えば、装いもふるまいも違う。たった一つの虚がこんなに厄介ごとを引き起こすなんて…。まずは、村人から冷たい仕打ちを受けた。スザンナのかつての愛人が金の無心に来たりもした。そして、家主であるディリンガム領主のシーグレイブ伯爵。彼はルシールを娼婦と信じて侮辱したあげく、なんと愛人になれと言いだしたのだ。でも、一番の問題は、ルシール自身にあった。彼に誘惑されたくてたまらないのだから―。

Book Description
The Cyprian and the Bluestocking! Lucille and Susanna Kellaway are as unalike as twins can be! Lucille is a dedicated scholar and Susanna is a high class courtesan. When Lucille agrees to occupy Susanna's house for a few weeks to help her sister claim an inheritance, she scarcely expects to tangle with the enigmatic landlord, the Earl of Seagrave...
--このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

淑女は踊る (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が亡くなり、新男爵となったいとこの圧制が始まった。たまらずグエノアは、ジプシーの女に扮して、義母のおばが住むハロゲートへ逃げ込むことにした。計画はうまくいっていた。ジプシーの踊り子になりきり、踊っているうちに、顧客の男性から情熱的なキスをされるまでは。無事ハロゲートに着いて舞踏会に臨んでも、本能的に感じた熱い思いが頭を離れない。そのとき会場に一人の男性が現れ、グエノアの手をとった。彼女のジプシー姿を知る、あの魅力的で強引な男性ギレンだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジャスティス,ジュリア
小学三年生のときから物語を書きはじめ、大学では詩集を出版し、卒業後は保険会社やチュニジアのアメリカ大使館で編集者として働いていた。海軍士官の夫について十二年のあいだに七回の引っ越しを経験したあと、現在は米テキサス州東部のパイニー・ウッズに落ち着き、高校でフランス語を教えている。’97年にアメリカロマンス作家協会ゴールデン・ハート賞、黄金の羽根ペン賞などを受賞。夫と三人の子供と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

水都の麗人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
英国王のために極秘情報を集めるという任務を負い、フランシスはヴェネチア共和国に滞在していた。“十人委員会”が異国のスパイに目を光らせるこの街で、彼は巧みに仮の姿を演じつづけていた。遊蕩貴族の派手な衣装を脱ぎ捨てながら、フランシスは謎めいたシニョリーナ・ジェシカに思いを馳せた。ぬばたまの黒髪、つやめく唇。仮面に隠された素顔は、さぞかし美しいことだろう。それにしても、同じ女でもこうも違うものか!あの厚化粧女には、もううんざりだ。諜報活動には役立ってくれたが、そろそろ別れる潮時だろう…。引き裂かれた娼婦の誇りが、愛するジェシカを死へ導こうとはこのときのフランシスには知るよしもなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィリップス,トーリ
米サンディエゴ大学を卒業後、女優、脚本家、詩人と多方面で活動を続けてきた。シェークスピア作品を含め、四十作以上の劇の演出も手がけている。現在はワシントンDCにあるフォルガー・シェークスピアン・ライブラリーで女優としても活躍中。夫とともにヴアージニア州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ふさわしき妻は (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イギリスに凱旋したシンジンを待ち受けていたのは、亡き父の莫大な借金と、結婚して幸せに暮らす初恋の人セアラの姿だった。こうなったら、彼女を忘れて裕福な娘を妻にするよりほかない。そんな彼の前に、セアラの親友クラリサが現れた。セアラからの頼みで、彼の花嫁候補を探すのだという。社交界の男を手玉に取り、奔放に振る舞うクラリサは、やることなすこと気に障る存在だ。しかし、彼女の傲慢な態度の陰にある、勇敢さと健気さを知るうち、シンジンの心は落ち着かなくなり…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジャスティス,ジュリア
小学三年生のときから物語を書きはじめ、大学では詩集を出版し、卒業後は保険会社やチュニジアのアメリカ大使館で編集者として働いていた。海軍士官の夫について十二年のあいだに七回の引っ越しを経験したあと、現在は米テキサス州東部のパイニー・ウッズに落ち着き、高校でフランス語を教えている。’97年にアメリカロマンス作家協会ゴールデン・ハート賞を受賞。夫と三人の子供、二匹の犬とジョージアン・スタイルの屋敷に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

聖骨箱の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オリアンは十八歳にして、叔父から金細工の店を任されていた。ところが今、まさに八方ふさがりの状況だった。貴重品を入れた収納箱から宝石や金貨が消え、帳簿の数字が書き換えられている。それを従兄のレオが、オリアンの仕業だと声高に訴えはじめたのだ。かわいがってくれた叔父は、ならず者に襲われて亡くなり、彼女をかばう者は誰もいない。いや、一人だけ救いの手を差し伸べてくれた―ヨーク近隣の領主サー・ユーアン・フィッツハーディングが、オリアンを妻にする代わりに、レオを黙らせると約束したのだから。けれども、これが果たして救いと言えるのだろうか?彼はオリアンの唇を奪い、唖然とする彼女にこう言い放った。「両親が望んでいる孫を産んでくれれば、きみの愛など必要ない」。ひたむきで若々しいヒロインに惹かれたヒーローの、強引でちょっと変わった求愛のかたちとは…?『薔薇の冠』『強引な求婚者』と話題作を提供してきたジュリエット・ランドンの最新作。

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]
[詩集集] [ろまろま]

oooオーガニック千葉A GO GO!ooo 台東紀行ooo A&Dooo うまい米@千葉ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 新鮮 魚料理を食すooo ~品川の街~ooo 将棋好き好き@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 山手線エリアのパスタooo 住宅ローンのことooo 東京ぶらぶらooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉県の大学一覧ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 国家の要!千代田区ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo