ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

十字架の誓い―黒薔薇の騎士〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ヘンドリーの跡取り息子、ニコラスが戦場から帰ってきた!別の地に暮らしていたベアトリスは知らなかったが、彼は手に負えない遊び人だった。十字軍の騎士として東方に向かう前、領地内の娘を片っ端からくどいていたのだ。ベアトリスの妹フローラも、彼の魅力にあえなく屈した一人で、出征直前の逢瀬で身ごもり、息子オーウェンを出産して亡くなっていた。それがあの男のせいではないと言えるだろうか?だが、実際に彼に会い、ベアトリスは動揺した。ニコラスは女たらしの放蕩者どころか、気高く真摯な騎士ではないか!でも、彼には絶対に渡さない―オーウェンも、わたしの心も。

聖なる夜に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『雪のプロローグ』―ある雪の夜、未亡人エリーの家の前に、まるで窓辺に灯るキャンドルの光に導かれたかのように一人の男が倒れていた。記憶をなくした彼の世話をするうちに、二人のあいだには愛が芽生えた。しかし、それも彼の素性が明らかになるまでのことだった。『サファイアの魔法』―レディとして華麗な日々を送っていた過去を隠し、家庭教師に身をやつすセーラの前に現れたのは思いもよらぬ人だった。かつて愛し合いながら、彼女を捨てたレヴィールだ。一緒にクリスマスを過ごすはめになったが、彼女は過去の傷跡を拭いきれない。『クリスマスは伯爵と』―男爵の娘ベスは生涯独身を通すと決めている。自分勝手な貴族の男性と結婚するなどうんざりだった。彼女はどうにかして父親が決めた婚約者から逃れようと、幼なじみのジャックに一芝居打つことを持ちかけた。ジャックがベスに夢中だとも知らぬままに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレイシー,アン
オーストラリア生まれ。スコットランド、マレーシア、ギリシアと、世界各国で過ごす。英国十九世紀摂政時代に興味を持ったのは十一歳のときで、果敢にも図書館でジョーゼット・ヘイヤーを借りたのが歴史ロマンス小説に接した最初の機会だった。現在はオーストラリアのメルボルンに住み、余暇にはガーデニングや料理を楽しんでいる

ジャレット,ミランダ
ブラウン大学で美術史を学ぶ。もし作家になっていなかったら、アーティストかデザイナーになっていたと語る。二人目の子どもの産休中に初めて書いた作品をハーレクイン社に送ったことがきっかけとなり、作家への道を歩み始めた。ゴールデン・リーフ賞受賞やRITA賞のファイナリストなど、数多くの実績を持つ

ストーン,リン
文章を書くのも、絵を描くのも大好きで、一時期はイラストレーターとして働いていた。ロマンス小説を執筆するきっかけとなったのは、表紙のイラストの仕事を探していたとき。ふと本の内容に興味を持ち、書いてみることを思い立った。すでにロマンス小説の愛読者だったため、無理なく書くことができたと語る。現在は夫のアレンとともにアラバマ州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

悲運の花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
目覚めたとき、ジョージ・グラントは見知らぬ土地にいた。スコットランド沖を航行していた船が難破し波間に放り出されたが、奇跡的に岸に打ちあげられたらしい。だが、ここは北方の孤島。本土に戻るには船が必要だ。途方に暮れる彼に取り引きを持ちかけたのは、島の娘リカだった。金髪で青い瞳の彼女は、バイキングらしく戦いの装束に身を包み、女だてらに剣を携えていた。リカは、自分と結婚すれば本土まで船で送ると言う。なにやらきな臭いけれど、ジョージは拒むことができなかった。氷のような彼女の魅力にとらわれ始めていたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ブラウン,デブラ・リー
1997年からロマンス小説家を志し、ハーレクイン・ヒストリカルの『処女の泉』でデビュー。地質学者として北極で働いた経験があり、アルプスやシェラ・ネヴァダ山脈をたびたび訪れる冒険好き。カリフォルニア州出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

スペインの鷲 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
異国でただ一人、デジレは途方に暮れていた。ヨーロッパにナポレオン旋風が吹き荒れる1808年、スペインではナポレオンの兄ジョゼフが国王に即位したことで各地でゲリラたちが活動を開始し、フランス軍に対抗している。そんな危険な状況下、わざわざスペインまで兄を訪ねてきたのに、ゲリラを恐れる案内人と使用人は彼女を捨てて逃げてしまったのだ。でも、お金は持ち逃げされずにすんだし、まずは宿で休みたい…。だが、考えが甘かった。宿の女主人は言葉が通じず、らちがあかない。そこを助けてくれたのが、ラファエル・デ・ベラスコだった。スペイン貴族の彼は親切だったが、どこか危険な香りがした。「アディオス、セニョリータ。手助けが必要なときはいつでもどうぞ」デジレは奇妙な胸のざわめきを感じながら彼の後ろ姿を見送った。わたしの母はフランス人、そして兄はフランス軍の大佐。ラファエルはいわば敵国の人間だ。彼に惹かれるなんて…許されない。

淑女は踊る (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が亡くなり、新男爵となったいとこの圧制が始まった。たまらずグエノアは、ジプシーの女に扮して、義母のおばが住むハロゲートへ逃げ込むことにした。計画はうまくいっていた。ジプシーの踊り子になりきり、踊っているうちに、顧客の男性から情熱的なキスをされるまでは。無事ハロゲートに着いて舞踏会に臨んでも、本能的に感じた熱い思いが頭を離れない。そのとき会場に一人の男性が現れ、グエノアの手をとった。彼女のジプシー姿を知る、あの魅力的で強引な男性ギレンだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジャスティス,ジュリア
小学三年生のときから物語を書きはじめ、大学では詩集を出版し、卒業後は保険会社やチュニジアのアメリカ大使館で編集者として働いていた。海軍士官の夫について十二年のあいだに七回の引っ越しを経験したあと、現在は米テキサス州東部のパイニー・ウッズに落ち着き、高校でフランス語を教えている。’97年にアメリカロマンス作家協会ゴールデン・ハート賞、黄金の羽根ペン賞などを受賞。夫と三人の子供と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

赤毛の貴婦人―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
鉄の意志を持つ戦士にも、赤毛の花嫁という弱点があった。マイナはずぶ濡れのまま、モンモランシー城の大広間に入った。嵐の中ここまで来たのは、婚礼前夜の祝宴のため。それなのに、花嫁のわたし抜きで始めてしまうなんてどういうこと?そのとき、奥の一段高い場所から彼女を見つめる見に気がついた。冷たく傲慢そうだが、意外にも若くたくましく、見目もいい。あれが夫となる人ね!強気なマイナは着替えもせずに上座に近づき、皮肉を込めて当主ロジェに挨拶すると、さっさとその場をあとにした。なんという生意気な女!赤毛の女とあって頑固なことこのうえない!ロジェは初めて会った未来の妻に怒りと幻滅を覚えた。だが、濡れた服はマイナのすばらしい体をあますところなく見せつけた。彼は妻に一つのことしか―服従しか要求しないつもりだった。待ち受ける困難も知らずにロジェは一人、悦に入った。マイナ・チルコットはその見返りに、夢のような夜を経験する。百戦錬磨のわたしが技を駆使すれば、女を手なずけることなど簡単だ。

悩める男爵夫人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
伯爵令嬢スザンナは女性の権利拡張運動に関わり、ロンドンの社交界から締め出された。娘を疎んじた父親は騒ぎが収まるまでイギリスを離れようと考え、エジンバラのホテルに滞在していたところ、突然の来客がある。客人は正義感あふれるスコットランド人の男爵で、伯爵の暗殺計画が当地で進んでいることを知らせに来たのだ。貧しいけれど信頼できる人柄に惚れ込んだ伯爵は初対面にもかかわらず、娘と結婚してくれと申し出る。目をむいて抗議したスザンナだが、男爵のほうが承諾して…。

永遠の炎―サザーランドの獅子〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ローレルは夢を見ていた。毎夜繰り返される黒い馬に乗った男の夢。「あなたは誰なの?なぜここに来たの?」彼女の問いかけに、鎧で身を固めた馬上の男が振り返る。「すべてを手に入れるためだ。おまえのすべてを」やめて!目が覚めたあともローレルの動揺はおさまらなかった。あのすみれ色の暗い瞳は、忘れたくても忘れられない。彼女の祖父が統治するエデンの谷は、近隣の賊たちに狙われている。あの夢の男は、賊の一人なのだろうか?やがてその男の正体が明らかになった。キアラン・サザーランド―この地を守るために雇われた傭兵、そしてローレルの夫となるはずの人物だった。夢が現実となると知って、ローレルは愕然とした。そうよ、彼はエデンの谷を乗っ取ろうとしているんだわ!十四世紀のスコットランドを舞台にした愛と冒険の一大叙事詩の最終話!ライオンの忘れ形見キアランが放浪の末、本当の自分の居場所を見つけだす。

花嫁の身の代金 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エリザベス女王没後のイギリスは、内政も外交も揺れていた。適齢期を迎えたデボラもそのあおりを受け、今や協調国となったスペインの貴族、ドン・マノラ・コルテスの息子ミゲルとの婚約が進んでいる。ところが、宮廷の仮面舞踏会で出会ったド・ヴィア侯爵が、尊大にもミゲルの悪行をデボラに訴え、結婚を取りやめるよう忠告した―ご丁寧にキスまでつけて!宮廷一の美貌を誇るド・ヴィア侯爵は、いわば国王専属の海賊で、彼女からすれば、ならず者にほかならない。彼はミゲルを憎んでいるのか、吐き捨てるように言い放った。「警告しておこう。コルテス家のものであるならわたしはなんでも奪い取る。ミゲルの花嫁も例外ではない」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
イギリスはケンブリッジに住んでいる。イギリスではすでに三十作以上の著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛ゆえに―薔薇と宝冠〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“邪悪なオニール”をダブリンの港で初めて見たとき、アナクレアは恐怖を感じると同時に魅了された。エリザベス女王の使者を守るイギリス兵と戦うローリー・オニールは、虐げられたアイルランド人の誇りであり、希望の星だった。逆にアナクレアからすれば、彼は憎い敵国の反乱分子でしかない。それなのに夜ベッドに入っても、浮かんでくるのは彼の面影ばかりで、彼女は眠るのをあきらめ、厨房にお茶をいれに行った。すると、そこに深手を負った血だらけの男が!昼間見たローリー・オニール!彼がなぜわたしの家に?謎はすぐに解けた。使用人のアイルランド人夫婦が彼をかくまったのだ。彼を―ローリーを助けよう。アナクレアの心は一瞬にして決まった。そして彼に求められるまま、愛とぬくもりを差し出した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ランガン,ルース
米ミシガン州在住。高校時代は学生新聞の記事を執筆し、卒業アルバムの編集に携わったという。ヨーロッパ及びアメリカの歴史ロマンス、現代もののロマンスのほか、脚本や子供向けの本も書く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]

ooo性病検査キットooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 上野情報.comooo 「TaEco」(タエコ)ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo デパチバ.com ~千葉にもあるよデーパート集~ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo ファッション.コレクションooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo 千葉とんかつooo 板橋LOVEooo 風呂の事ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 花ざかり千葉ooo Rest for a momentooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 中野区居住化計画ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo